Go To Travelキャンペーンに先立ち楽天スーパーDEAL対象の旅館を予約

旅行・ドライブ

7月22日から政府主導でGo Toキャンペーンが開始します。新型コロナウイルスの感染拡大により観光需要が低迷してしまっており、旅館やホテル、その他観光業に大きなダメージがあったので、需要喚起による経済復興のために実施されます。

7月22日から8月31日までの旅行代金が最大で35%割引(上限一人一泊14000円、日帰り一人7000円)、さらに9月以降は旅先の飲食や土産店で利用できる旅行代金の15%相当の地域共通クーポンがもらえるので、実質は半額補助ということになるようです。

政府が発表している情報の中に、「7月22日以降の旅行代金を35%割引、既に予約されている方については旅行後の申請により割引分を還付します。なお、9月以降の旅行については未定です」という記載がありました。

しかし、既に予約されている分については全てが還付の対象になるわけでもないようです。

普通で考えれば、夏休みの旅行は7月22日以降にキャンペーンに参加している旅行予約サイトなどから申し込むのが一番良いとは思うのですが、申し込みがこの日は殺到しそうで混乱する気がします。また、予約が増えると見込んだ一部の宿泊施設は夏休み期間の宿泊代金を値上げするところが出てくるかもしれません。

どこから申し込めば、事後に還元を受けられるかよく分からない状況でしたが、7月22日を待たずに夏休みの宿泊施設の予約をしてしまうことにしました。

選んだ旅行予約サイトはいつも愛用している楽天トラベルです。楽天トラベルで旅行の予約をすると、楽天市場の買い物がSPUでポイント還元率が上がることに助かっています。

また、今回は楽天スーパーDEALの対象になっている宿泊プランの中から選びました。楽天スーパーDEALの対象になっていると、表示されている宿泊料金の40%から30%程度の楽天スーパーポイントが還元されます。

例えば、2万円の宿泊プランで3割の還元であれば、6000ポイントが還元されます。

これにあとからGoTo Travelキャンペーンの35%分の7000円が還元されれば、実質的には7000円で泊まることができるのではないかと捕らぬ狸の皮算用をしました。

まだ、新型コロナウイルスが怖いので、そんなに遠くに行くのはリスクがあるため、山梨県で一泊と埼玉県の秩父で一泊を予約しました。楽天トラベルで予約しようとしたところ、良さそうな宿泊プランは既に満室になっているものも多かったので、やはり7月22日以降はかなりの争奪戦になりそうな気がします。

今回、前もって予約しましたが、もしかしたら事後の申請でGoToTravelキャンペーンの還元の対象にならないかもしれません。そのリスクが許容できるようであれば、7月22日前の予約も考慮して良いかもしれません。

【2020/07/15追記】

新型コロナウイルスの感染者数が東京都を中心に増えています。都道府県をまたがった移動を国が奨励するのはいかがなものか?という雰囲気も少し漂い始めました。本当に7月22日からの旅行分についてキャンペーンを適用できるのか否か不穏な空気が漂っているような気がします。

【2020/07/18追記】

昨日、東京都から出発する旅行、東京を目的地に含む旅行をキャンペーンの対象から外すことが正式に発表されました。ただ、神奈川県、埼玉県、千葉県といった東京周辺も新型コロナウイルスの新規感染者数が増えているので、今後の動きには要注目です。

【2020/07/20追記】

菅官房長官が今日の会見でキャンセル料への補償も含めた対応を検討する考えを示しました。業者への働きかけや利用者への対応など必要な対応を早急に行っていきたいとしています。ただ、冷え切ってしまった旅行業界に対して、キャンセル料を減免するように働きかけると、さらに旅行業界にインパクトを与えてしまうので、慎重に対応する必要があるのではないかと思います。

【2020/07/21追記】

政府は事業者に対してキャンセル料の最大3割程度となる実損相当額を支払い、事業者は利用客にキャンセル料を請求しないこととする方針に固まったことが報道されています。補償対象の期間は今月10日から17日までの予約分です。国土交通省は21日の会見で詳細を説明します。

【2020/09/11追記】

赤羽国土交通相が本日閣議後の記者会見で、GoToキャンペーンで除外されていた東京都を10月1日から補助対象に追加する方針を表明しました。貴重な夏休みを逃してしまったため、都民は少々キャンペーンを使いにくくなってしまいました。

コメント