ホンダ グレイスで山中湖から東京まで燃費29.7Km/Lを記録

自動車・カー用品・メンテナンス

10月最後の土曜日から11月1日日曜日にかけて、山梨県の山中湖、ホテルマウント富士で一泊しました。日曜日はGOTOトラベルの影響で中央道の登りが大混雑しそうでしたので、山中湖から道志みちを使って相模原を通り、東京まで帰りました。この11月1日の1日平均の燃費が今まで見たこともない、29.7Km/Lを記録しました。ホンダのインターナビはホンダのトータルケアというアプリに前日の平均燃費をメッセージで送ってきてくれるので、燃費がとても良かったことに気がつきました。

要因の大きな一つは山中湖から東京に向かっては下りの道が多いので、惰性で走ることができる箇所が多いことでしょう。ちなみに、登り道であった10月31日の1日平均な燃費は19.7Km/Lでした。この二日間を平均すると25Km/L弱の燃費だったこともありますので、これでも燃費が良かったことになります。

帰り道の道志みちをはじめ、他の一般道でもまったく渋滞はなく、快適にドライブできたことも燃費が向上した要因の一つでしょう。

要因のもう一つは秋になって気候が穏やかで、エアコンのオートにしていたものの、あまりエンジンに大きな負荷がかからなかったと思われることです。

そして要因のもう一つは12ヶ月点検を終わらせたばかりで、エアフィルター 、エアコンフィルター、オイルフィルター、エンジンオイルなどが全て新しくなっていたことも大きいと思います。

多分、こんなに良い燃費はもう見ることができないのではないかと思います。ホンダのグレイスという車、フィットと同じフレームを使っていてとても高級車とは言えないのですが、このように燃費が良かったり、車高が低いので道志みちのようなカーブの多い道でも安定して走ることができる隠れた名車だと思います。ホンダではあまり販売がふるわなかったので、日本国内における販売は終了してしまいましたが、できれば次のモデルでは復活してほしいと思っています。

コメント