楽天モバイルの新料金プランが素晴らしい(Rakuten UN-Limit)

インターネット

楽天モバイルが1月29日に新料金プランを発表することが報道されていました。

昨年4月に自社エリアはデータ通信使い放題で月額2980円を打ち出してインパクトのある数字だと消費者からは受け止められていました。ただ、1年間無料とする300万人の契約はまだ集めることができていないので、契約者数ベースの伸びではさほど順調ではないかもしれません。

しかし、国からの要請もあって、NTTドコモはahamoとして20GBまでで月額2980円、ソフトバンクもLINEのブランドを使って同様のプラン、auはデータ通信20GBのみに絞って通話を付けずに2480円のプランをぶつけてきました。

現時点でも楽天モバイルは自社エリアでデータ通信使い放題、電話かけ放題となっていて2980円のプランとしては一番リーズナブルであることに間違えありません。

しかし、このままだと安心感のあるNTTドコモなどにお客さんが流れてしまうため、楽天モバイルには打開策が必要でした。

基地局の整備も元々の計画よりもかなり前倒しで進んでいて、今となっては楽天モバイルは立ち戻るわけにはいきません。1月29日の発表会ではかなり魅力的なプランが提示されるのではないかと、とても期待しています。

楽天から正式発表(すごい!)

楽天モバイルは1月29日に携帯電話料金の値下げを発表しました。従来から容量無制限で2980円であることに変わりはありませんが、データ容量20ギガバイト以下の携帯電話料金は1980円、3GB以下は980円、1GBまでは0円としました。

楽天モバイル TOP



楽天モバイル TOP

この価格、大きなインパクトがあります。十分に他社の料金プランと戦っていけると思います。NTTドコモ、ソフトバンク、auはこの価格に対抗することは難しいものと思います。

私自身は月間のデータ通信量は10GB弱なので、1980円で十分に間に合うことになります。楽天UN-Limitの無料期間が3月で終わるので、その次をどうしようかと考えていましたが、IIJmioのメイン回線を楽天UN-Limitに移行することにします。

So-netの0-SIMの代わりにも

今回のプラン、1GB未満は通信料金が無料になるというのも凄いことです。Wi-Fiをうまく使って節約すれば、月間のデータ通信量が1GBで足りる人は相当いるのではないかと思います。

以前はSo-net(nuroモバイル)の0-SIMというプランがありました。これもあるデータ通信量までは料金がかからないSIMだったのですが現在はサービスが終了されてしまい利用できなくなってしまいました。このプランのユーザーが相当数取り込めると思います。普段は使わないけれども、いざというときのために契約しておこうという人も増えると思います。

今後、契約数がかなり増えると思いますし、有料化するときに解約する人の数はかなり減るのではないかと思いました。

【2021/01/31追記】

楽天モバイルの申し込みが殺到

今回発表されたプランがとてもお得であった上、新規契約300万回線が近づいているのではないかという噂もあってからか、楽天モバイルの申し込みサイトがとても重くなっています。申し込みが殺到しているのかもしれません。

【2021/02/02追記】

武田総務大臣も評価

総務省の武田大臣が楽天モバイルの新料金プランについて「低中容量の領域において一層の低廉化を進めるものであり本格的な事業者間の競争が活発化してきた成果」と評価しました。

以前はauの料金プランが2480円と一番安いように見せかけるのは紛らわしいと批判したり、民間事業者の料金プランに対して政府がこんなに口を挟んでいいのか?と疑問に思う部分はあります。

コメント