楽天モバイルがiPhoneの取り扱いを開始

スマホ・タブレット・AV

楽天モバイルか本日15時よりプレスカンファレンスを実施しました。その中で4月30日からiPhoneの取り扱いを始めることが明らかになりました。

楽天モバイル

今までもiOS版の楽天Linkアプリは公開されていたので、非公式には一部のiPhoneが一部機能に制約がありながらも楽天モバイルで利用することはできました。ただ、正式に楽天モバイルが取り扱うことになったのは安心してサポートを受けられるので良かったと思います。

楽天モバイルが販売する機種は下記の通りです。

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)

楽天モバイルな公式サイトでは4月23日から、ショップでは24日から予約受付を開始します。端末単体でも購入できますし、Rakuten VIとのセット契約も選択することができます。

さらには、近日中にiOS 14.4以降を搭載した全てのiPhoneが楽天モバイル回線に対応する予定であることも明らかになりました。

これでiPhone6s以降の機種で楽天モバイルが利用できるようになります。4月30日以降に楽天モバイル用のプロファイルが自動的に適用されて動作するようになります。

eSIM対応のiPhoneであればeSIMで利用できるようになります。

中国のテンセントが楽天に出資したことを受けて米国、日本の両政府が情報漏洩に対して不安を感じていることが報じられたり、米国Apple社が楽天モバイルにiPhoneを供給することを躊躇うのではないかといった報道もありました。結果としては楽天モバイルがiPhoneを取り扱うことがあできるようになって本当に良かったと思います。

【2021年4月27日追記】

楽天モバイル用のキャリアプロファイルがiPhoneで利用できるようになったとasciiで報道がありました。

また、楽天モバイルではiPhoneの発売を記念して新しいキャンペーンも開始しました。

初めての申し込みで5000、iPhoneを一緒に購入するとさらに15000、合計で最大20000ポイントの還元が受けられます。

楽天モバイル

【2021年5月11日追記】

楽天モバイルで新たに発売されたiPhoneですが、不正に持ち出されたIDやクレジットカードの情報を用いて、不正に楽天モバイルからiPhoneを購入する手口が複数見つかっていることが報道されていました。これらのID等の情報は楽天から漏れたものではなく、他のサイトとIDやパスワードを共用しているものがリスト攻撃によって攻撃を受けている可能性があるということです。

IDとパスワードを他のサイトと同じものを利用しないようにするとともに、もしも覚えのない購入に気が付いたらカード会社や警察に相談するように楽天では呼び掛けています。

楽天モバイルからのお知らせ
不正な製品購入の対策強化について
2021年5月10日
平素は楽天モバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、不正な製品購入の対策を強化しており、複数台購入されているご注文の一部を出荷停止する等の措置を実施しております。
なお、万が一、身に覚えのないクレジットカードやデビットカードのご利用がある場合は、大変お手数をおかけいたしますが、お客様がご利用されているクレジットカード会社の相談窓口にご連絡ください。
当社から個人情報漏洩等が発生していることはございません。
複数のインターネット・サービスで同じパスワードを使用する「パスワードの使い回し」にもご注意ください。
当社として、引き続き、不正な製品購入の対策を徹底してまいります。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました