青梅市の新設映画館シネマネコでジブリ映画「猫の恩返し」を鑑賞

青梅市に50年ぶりに映画館ができました。シネマネコという名前の映画館です。新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う緊急事態宣言に伴ってオープンの時期が少し遅れたのですが、6月4日(金曜日)にオープンしました。シネマネコに関しては、こちらで紹介しています。

青梅に50年ぶりの映画館(シネマネコ)開館と周辺散策
ゴールデンウイークに青梅市に行く機会がありました。来年であればゴールデンウイークには青梅大祭が開催されますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために開催延期となってしまいました。緊急事態も宣言されたので今回は仕方がなかったかと思います

6月5日(土曜日)に青梅に行ってお昼過ぎに始まる回の猫の恩返しを見てきました。

担々麺 杉山でランチ

この日は車でまずは河辺駅から少し離れたとこにある担々麺 杉山という人気のお店に寄ってランチを食べました。こちらで紹介しています。

青梅市今寺の担々麺 杉山で美味しい担々麺
担々麺が美味しいと評判になっていて、以前から気になっていた、青梅市の担々麺 杉山というお店に行って来ました。食べログも評価も高く、いつも行列ができているといいます。青梅線の小作駅が最寄駅ということになるようですが、かなりの距離があります。実

こちらの担々麺、今回が二回目だったのですが本当に円やかなで濃厚な味で美味しいです。

そして車で東青梅駅が最寄駅となるシネマネコに行きました。

古い国登録有形文化財の木造建物(旧都立繊維試験場)をリノベーションした映画館です。

チケットは事前に公式サイトから購入しておきました。以前の作品ではありますが、新作の映画を見るのと同じ料金に設定されています。大きな映画館と同様に座席も指定することができます。決済はクレジットカードを利用します。チケットを購入すると、完了画面およびメールでバーコードが送られてきます。映画が上映されるホールに入ることに係りの人にこのバーコードを提示すると入場することができます。

提携駐車場

駐車場は提携しているコインパーキングに停めました。シネマネコの建物から見ると道を挟んで斜め向かい側にあたる比較的広い駐車場です。繭蔵というとてもシックなレストランがあるのですが、こちらの建物の隣です。

こちらが提携のパーキングです。奥に見えるのはNTTの建物です。

映画が終わったあとに受付に立ち寄るとコインパーキングの2時間分のサービス券をもらうことができます。

この周辺は織物に関係する施設が数多くあります。下の地図で「さくらファクトリー」と書いてある建物はとても大きな木造建築物で、屋根を横からみると特徴的な鋸の歯のようなギザギザ屋根になっていました。以前、桐生の町で見た建物にも似ています。

桐生市のbakery Cafeレンガで休憩
群馬県のるるぶを見ていたら、桐生市にbakery Cafeレンガという、昔、織物工場だったところを利活用した場所が紹介されていました。楽天マガジンを利用しているのですが、るるぶシリーズがズラッと揃っているので、旅行前の下調べが本当に便利にな

上映時間が近づいてきたので、建物に入りました。ロビーはそれほどは広くありませんが、とても綺麗に改装工事が行われています。トイレなどもとても綺麗でした。

椅子がフワフワで居心地がいい

上映開始15分ほど前の段階ですでにホールへの入場が行われていました。係の人にバーコードを見せたら座席の位置を案内してくれました。座席は青いフワフワのシートです。閉館した十日町シネマパラダイスという映画館の椅子をこちらに持ってきたそうです。

この新潟県、魚沼地域唯一の映画館は2007年12月15日にかいかんしましたが、2018年3月11日で閉館しました。営業していた期間が10年あまりだったこともあるのか、とくに椅子は中古品という感じがまったくなく、とても綺麗です。座り心地もとても良くて、映画が終わるまでゆっくりと鑑賞することができました。

「猫の恩返し」上映開始

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために座席は一つ飛ばしに座るようになっています。一番前の2列をのぞいて、ほぼ満席の状態です。座席数は全部で63席です。ちょうど、定刻通りにホールが暗くなって映画がはじまりました。

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,170(2021/09/08 15:07時点)
DVD2枚組

利用されている映写機はこちらの商品のようです。(NEC NC1000c)

解像度は2Kということですが、実際の映像を見る限りこれで十分な解像度だと思いました。音響設備はDolby surroundに対応しています。

今まで自宅のテレビで見ていたときには気が付かないような場所、たとえば足元の石に細かい傷があったり、ジブリはこんなところまで拘るのかと驚くような場面が数多くありました。やはり大きなスクリーンで見ると映画の印象がまったく違ってきます。

猫がトラックにひかれそうになっているところを助けたのは阿佐ヶ谷の中杉通りの並木道がモデルです。ところどころは吉祥寺のサンロードもさんこうにしているとのことです。白い大きな猫を見つける十字街のモデルは横浜の元町、おさかなのクッキーを買ったのは高円寺のケーキ屋さんMYNT、ハルが通う高校の向かい側にある「銭亀屋」というお店は東小金井駅の北側を中央線と並行して通る北大通り沿いにある亀屋がモデルになっているようです。

スタジオジブリは東小金井にありますので、中央線沿線はモデルに使われることも多いのかもしれません。

最後に流れる「つじあやの」さんの「風になる」も映画のイメージにピッタリとあっているとても良い曲です。

もう映画館で見ることができる機会はないだろうなと思っていた作品をこうして見ることができたのはとても貴重な体験でした。

【2021年8月27日追記】

地上波放送

先日、日本テレビの金曜ロードショーの枠で猫の恩返しが放送されました。三鷹の森ジブリ美術館ではこの放送にあわせて絵コンテ室の閲覧用絵コンテを猫の恩返しに差し替えたそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました