【PHPの勉強】XAMPPのインストール

初心者からちゃんとしたプロになるPHP基礎入門を楽天ブックスで購入して勉強を始めました。

XAMPPのインストール

この本、期待した通りにとても分かりやすいです。さっそく、PHPを開発してテストするための実行環境、XAMPPをWindowsのノートパソコンにインストールしました。

XAMPPというパッケージはオープンソースのWEBサーバー、Apacheや同じくオープンソースのDBMS、MySQLなどが一つになっていますので簡単にインストールして、実行環境を構築することができてしまいます。

こちらで配布されています。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

xampp

ダウンロードというところからWindows向け、Linux向け、OS X向けがダウンロードできます。もちろん、Windows向けをインストールしました。すべてデフォルトのままでインストールしたのですが、Cドライブ直下にxamppというディレクトリが作成されてその下にインストールされました。

作成して実行するPHPのプログラムを格納するディレクトリとなる、htdocsはこのxamppの下に作られますので、programfilesなどのディレクトリの下にxamppのディレクトリは作らないほうが良いです。

起動するとこんなコントロールパネルが表示されます。

xamppcpl

とりあえず、ApacheとMySQLをスタートすればサンプルでPHPのソースプログラムをコーディングして実行することができるようになりました。ノートパソコンの中でWEBサーバーとDBMSが動いているということだと思うのですが、とても便利です。

edgeやfirefox、chromeなどのブラウザのURLを埋めるところに、「http://localhost/sample.php」と指定すれば、「c:\htdocs\sample.php」が起動されるような形になります。

エディタ(Visual Studio Code)のインストール

続いて、Microsoftから無料で公開されているVisual Studio Codeというソースコードエディタをインストールしました。今までは簡単なWordpresのPHPを修正するときなどはWordpresの管理者画面から直接直していたのですが、このVisual Studio Codeを利用すると、間違えなく作業が捗ることが実感できました。こちらからダウンロードすることができます。

Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure
ほぼすべての言語に対応し、任意の OS で動作する強力なコード エディター、Visual Studio Code を使用して、Azure で編集、デバッグ、デプロイを行います。

マイクロソフトとしては、作成したコードを Azure に簡単にデプロイできる統合ツールを備えた強力で軽量な無料コード エディターという形で公開しています。このエディタを利用する人が増えて、Azureを利用する人も増えることを期待しているのでしょう。

インストールが終わったら、ExtensionsアイコンからJapanese language Pack for Visual Studio Codeをインストールすると日本語化できます。

また、PHPのコーディングを効率化してくれるExtensionとなる「PHP Intelephense」もインストールしました。構文のエラーや関数の候補を表示してくれる機能などが実装されます。

これで、PHPをコーディングする環境と実行する環境が整いました。これからPHPそのものの勉強を進めていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました