ホンダ グレイスが走行中に「ドアが開いています」の警告

前日から非常に強い雨が降っていた日曜日、ホンダ グレイスをいつものように運転していると、揺れがあった際に突然「ピョロン」という警告音とともにディスプレイに「ドアが開いています」という警告が出ました。

当然、全てのドアがきちんと閉まっているはずなのですが、変なメッセージです。車を停めてドアの点検をしたところ、原因は助手席側の後部座席のドアが、ドアが開いていると誤検知していることが分かりました。

このドアをきちんと閉め直すと、一時的にドアが閉まったと認識するのですが、また何かのタイミングで「ドアが開いています」のメッセージが出てしまいます。

このメッセージが出ると室内灯のランプまで点いてしまうので夜間の走行時には厄介です。

また、駐車中にドアを閉めてロックした後、車を離れたらイモビライザーが何故か動作して、クラクションが一定間隔で鳴り響くこともありました。これは間違えなく迷惑です。何かの弾みでドアが開いたことを検知して盗難防止のためにイモビライザーが動作したのかもしれません。

想定としては、この大雨で変なところに雨水が入ってしまい、どこかの電気系統で接触不良などの問題が起こっているのではないかということです。ドアが閉まったことを検知するセンサーの付近を確認してみました。

こちらの出っ張っているところがドアが閉まると押し込まれてスイッチが入るようになっているようです。

こちらがドア側の当たる場所です。ドーナッツのようなプラスチックの部品の上に当たっているようです。

とりあえず、当たるところに黒いビニールテープを貼りつけて高さを稼いでセンサーの検知が良くならないか挑戦してみます。

この日はお盆休みでホンダのディーラーも休みでしたので、症状が続くようであれば相談しようと思います。

【2021/08/16追記】

翌日は雨が小降りになっていたのですが、車に乗ってみると直っていました。念のため再発を防ぐために黒いビニールテープをセンサーの出っ張りが当たる部分に三層くらいにして貼りつけておきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました