コロナ禍以前に戻った通勤電車の混雑

今日は雨の中、通勤をしました。以前であれば始発駅で停車している電車に乗れば直ぐに席を確保できたのですが、今は一本電車を待たない限りは席に座れなくなりました。途中の駅では肩と肩が擦れあう程度の混雑までになっています。

少し前であれば、雨の日は電車が空いていました。しかし、今では雨の日でも混雑しています。

日本のビジネスマンや学生も雨の日はテレワークをするなど、柔軟な働き方ができるように変わってきたのだと思っていましたが、この日は雨にも関わらず電車が混雑していたので、もはや、柔軟な働き方を選択しにくくなって、以前の日本人の勤勉さが戻ってきてしまったのかもしれません。

すでに、緊急事態宣言もまん延防止措置も出ていないので、会社によっては、出社するように呼びかけているところも多いのかもしれません。

会社で周りの人の声を聞くと、ずっとテレワークを続けるのは周りの人とのコミュニケーションを取りにくくなるので、あまり望んでいる人はいません。逆にずっと出社をするのも通勤時間はやはり無駄に感じるので、こちらも望んでいる人はいません。

その日にやる作業の種類に応じて、テレワークと出社を選択できるハイブリッドな働き方を望んでいる人が多いです。

すでに就業環境もテレワークができる設備を導入した会社も多いですし、会社にとっても生産性が上がるので有れば、ハイブリッドな働き方は、これから増えて行くのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました