Apple正規窓口でiPad Pro 9.7(2016)のバッテリー交換

2016年度に小田原市のふるさと納税返礼品でもらったiPad Pro(型番:A1664)は6年も使っているのに、使い勝手が良かったので今でも現役でバリバリと働いています。

楽天ふるさと納税で小田原市のiPad Pro 128GBを申込み
11月5日から楽天市場でショップ買い回りでポイントが最大10倍になるキャンペーンを実施していたので、参加しました。事前に必要なものは「お気に入り」に登録してありましたので順次購入していきましたが、なかなか10店舗には到達しません。 ...

しかし、最近になってバッテリーが怪しくなってきました。利用中に急激にバッテリー残量の表示が減ったり、まだ50%ほどのバッテリー残量があるように見えて、突然、シャットダウンするような症状が現れています。

ipad-pro-9-7

iPhoneであれば、設定⇒バッテリー⇒最大容量で、どの程度バッテリーが生きているか確認することができるのですが、iPadではそのメニューは存在しないので確認することができません。

ただ、利用年数から見てもバッテリーの劣化によるものである可能性が高いので、バッテリーの交換をすることにしました。ちなみに、iPodのバッテリーは、フル充電サイクルを400回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

バッテリーの交換は大きく分けて3つの方法があります。

  1. 自分でバッテリーを交換する方法
  2. 非正規のiPhone・iPad修理店でバッテリーを交換してもらう方法
  3. 正規のApple Storeなどで、バッテリーサービスを受ける方法

3の正規のApple Storeなどでバッテリーサービスを受ける方法が本来は一番妥当です。1と2の方法ではバッテリーを交換したが最後、Appleの正規のサポートを受けられなくなってしまいます。結論としては3の正規の方法で交換したのですが、1から順に紹介します。

スポンサーリンク

自分でバッテリーを交換する方法

成功すれば最も安くバッテリーを交換できますが、正直、難易度が高いのでお勧めしません。Amazonなどでバッテリーの交換部品が工具と一緒に売られています。

これで交換をすることになりますが、こちらに交換の様子を写した動画があります。大変な作業であることがよく判ると思います。

精密な商品であるがゆえ、ケーブルの断線など他のところを壊してしまう可能性も高いです。Appleのサポートも受けられなくなりますので、自己責任での対応となります。お勧めしません。

非正規のiPhone・iPad修理店でバッテリーを交換してもらう方法

街中にiPhoneやiPadの修理店を見かけることがあると思います。液晶パネルの破損などの修理に加えて、バッテリーの交換にも対応してくれている場合が多いです。

たとえば、こんなチェーン店があります。

iPhone修理 持ち込み即日修理!宅配全国対応(往復送料無料・永久不滅保証付き)ガラスひび割れ・液晶・バッテリーを最短30分修理交換。無料クリーニング実施中。iPhone修理はアイサポへお任せ下さい。
iPhone修理 持ち込み即日修理!宅配全国対応(往復送料無料・永久不滅保証付き)ガラスひび割れ・液晶・バッテリーを最短30分修理交換。無料クリーニング実施中。iPhone修理はアイサポへお任せ下さい。
iPad修理 │iPhone・スマホ・タブレット修理の【スマホ修理王】
液晶割れ、水没、バッテリーなど、iPadの困ったを解決します!スマホ修理王なら、データもそのまま、即日対応、高品質パーツ、他店では断られた難修理も可能です。修理価格表から料金をご確認いただけます。東京・大阪・名古屋を中心に店舗展開中!
iPad 修理メニュー&修理料金
iPad修理メニュー&修理料金 iPad(アイパッド)で 最も多い故障ケース 「スマートドクタープロ」ではiPadの修理の承っております。iPadではスマートフォンと違い画面が大きなiPadはさまざ...
iPhone修理・不具合の解決ならダイワンテレコム 【総務省登録修理業者】
iPhone修理のダイワンは全国50店舗でほぼ全店が駅徒歩5分以内!画面割れならご予約なしでも1時間以内でiPhoneを修理完了。安いだけじゃない、日本随一の修理技術をお届けします。

ただ、意外と修理代金は高いですし、非正規店で修理を受けると、Appleの保証が受けられなくなるという怖さはあります。修理店固有の保証を付けている場合もありますので、各社の説明をよく確認したほうが良いです。

Appleの正規窓口でサポートを受ける

もちろん、これが一番のおすすめです。ただ、バッテリーを交換してくれるわけではなく、本体ごとの交換になります。したがって、iPadの中にあった情報はすべてクリアーされますので、必ずサポートを受ける前にバックアップをとっておく必要があります。交換されるものは新品のものであったり、整備認定済み製品であったりする場合があります。どちらかを選ぶことはできません。

どの程度の代金がかかるかは、こちらで確認できます。

iPad の修理サービス - Apple サポート (日本)
iPad の修理サービス情報ページ。修理サービスオプションや保証タイプ別の料金などについてご案内します。

見積もりフォーム

今回の見積金額はこのようになりました。

バッテリー交換

私の場合はAppleCare+には入っていませんので、1万5000円という形になります。

Apple Storeで事前に予約をとって本体の交換をしてきます。

【2023/01/13追記】

Apple Store銀座に行ってきました

iPadを持ってApple Store銀座に行ってきました。午後6時過ぎに予約をして、その5分前くらいにお店に着きました。

Apple Store銀座

一階のスタッフに声をかけてみると、3階に行くようにということでした。

3階に行くと、信じられないほどの密な空間でたくさんの人がいます。スタッフも多いですし、お客さんも多いです。

10分から15分ほど待つようにということでした。待っている間、周りの人の様子を見ていると、バッテリーが膨張してしまっていて、どう対応すれば良いか、SIMカードの物理的な破損等、色々な相談を周りの人はしていました。

10分ほどでスタッフの人がくれて、iPadの診断が始まりました。「もう6年も使っていただいているのに本当に綺麗ですね」などど会話しながらの診断です。

もし本体交換となると中のデータは無くなってしまうので、それに同意を求められました。

店員さんの説明によると、バッテリーの診断の結果、NGとなったとときだけ、バッテリー交換料金の1万5000円で本体交換、診断結果がオーケーだった場合は4万4800円で交換という形になってしまうそうです。

しかも、iPad Pro9.7 2016年モデルはビンテージ品の扱いになっていて、もはや交換する機種が準備できない可能性すらあるそうです。(ビンテージと言うと格好が良いですが、Appleから見ればジャンク品ということなのでしょう)

気になる診断結果は2分程度で答えが出て、問題なしの緑色表示でした。

涙目で、「バッテリーが残り60%程度であっても突然シャットダウンしてしまうので、何とかならないでしょうか?」とお願いしてみても、やっぱりダメでした。

こちらの方もバッテリー判定が緑になったようなので、公式ストアでiPadのバッテリー交換をするのは、かなり狭き門なのかもしれません。

今回は持ち帰り

4万4800円で交換という解はないので、そのまま何もせずに持ち帰ることにしました。

正規店でのバッテリー交換が難しいとすると、このまま捨ててしまうのはもったいないので、今度は非正規店でのバッテリー交換にトライします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました